女神の心模様

リアル恋愛や性と愛の探求をテーマにしたわたしの心模様を綴ります

彼に想いを伝えた

舞です




気になるその彼。

わたしは好き!というよりも

遥か昔の心(魂)の記憶が、彼を好きだったのを覚えている感覚で


時代や立場までは思い出せないけど


昔、好きでまた一緒になろうね!と


ナイスタイミングで、いま
再会した


遅くもなく、早くもなく、いまぴったりのタイミングで再会した。




彼のこと気になる気になる…その段階から、急にそれを思い出した瞬間、涙が止まらなくなった



また出逢ってくれたんだ、、
出逢ってくれてありがとう、、泣




いま、好きの気持ちはぼんやりしてるけど、これから大好きになる人、これからも一緒にいる人

なぜかそれだけがハッキリしている

不思議すぎる





いま、好きになってないのに、
大好きだった人、これからまた好きになる人

そんな感覚初めてよ…







だから会ってみたくなった

そんなことを思う人と会ったらどう感じるのか、知りたかった




会ってみたら

ドキドキしない、舞い上がらない、普通。 笑


だってずっと知ってる人だもん、久しぶりに会っていつもと変わらない感覚




言葉は敬語なのに、長年いるようなカップルの空気感


最初からリラックスできて、安心感があるから

なにを話しても、どんな自分を見せても大丈夫

彼のどんな部分も見ても大丈夫






わたしは彼がどう感じたのか気になって、わたしの第一印象を聞いてみた





“あれだけリラックスして話せたので器の大きい人だと思いました”


女性の第一印象で、こういう視点で言う人初めてよ 笑




楽しかった!とか、笑顔が素敵だった!とか、上っ面な印象じゃなくて



それよりも、リラックスできた、安心だっただからありのままの自分を出せた


そこがお互いにものすごく大きな感覚として残っているから、それが真っ先にでてくる



居心地がいい
安心感
初対面でも素のまま、自分を出しても大丈夫
時間があっという間に感じる
話してて飽きない、ずっと話していられる


この特徴って、心の繋がりが強い




お互いに一目惚れでもなく、容姿から入らず

感覚の方が大きいんだわと、やっぱりそうか。と思った


いてもたってもいられなくなって、この一連の気持ちを彼に伝えた




あの台風すぎてから、急にあなたが存在してきて、何だろ何だろと思っていたら

出会えたことが嬉しくて、まだ会ってない段階で泣いたこと


だから会ってみたくなったこと


わたしはそんな不思議な感覚なんですと


“なんと!めちゃくちゃ不思議!!”

と驚いていたけど、きっとあなたも薄々わかっているでしょう?
感覚的にね。




だから、
出逢ってくれてありがとう♡

好き!
伝えられることが嬉しい!ありがとう♡


と、想いが溢れて言っちゃったよね 笑


でも大丈夫
こんなこと言っても、彼は大丈夫




“きゃー、ありがとうございます(* ´ ▽ ` *)
もっと何か力になれたら嬉しい!!”


と返ってきた



“もっと何か力になれたら嬉しい”
って、わたしには究極の言葉だと受け取った



だって、わたしの力になるために、彼は存在してて
、それが彼のよろこびになることが



わたしの理想的な愛のかたち、根本の想いなんだもの


側にいてくれて、わたしを大きな愛で包んでくれる

わたしの力になれることがよろこびで
わたしはそれをまた、よろこぶ


それが愛の循環が起こせるから



それを彼は意識せずとも言ったのだろう

だからね、潜在意識ではわかっているのだなと思った




まだ会って2日目のやりとりだった

たった2日しか経ってない段階で、好き!だなんて、、笑


今までじゃあり得ないし、絶対に言ってない


だけど、今回は違うみたい

全開、どストレートで彼に向き合うことがポイントだとわかっているから



そして何かに急かされているのを感じる

早く!早く!と
早く想いを伝えて!と背中押されまくっていて 笑



わたしはその感覚を信じて行動するのみ




だから、昨日彼の返信に、返信したのは



そうやって受け止めてくれることがとっても嬉しいし、幸せ
ありがとう
大好きです♡

と返した




ここで、わたしの急かされスイッチは少し落ち着いた


とりあえず、ここまで伝えておけば大丈夫


既読スルーだがな 笑

なんて返したらいいのかわからないわよね


好きな人も一応、彼にはいるし
わたしは既婚者だし





そして次の急かされてポイントは、わたしの身辺整理


離婚に向けて、自宅のわたしの荷物を処分していくこと。もっと身軽になっておくこと


離婚届けの記入や、タイミングをみて夫に離婚を切り出すこと



わたしはこれを片付けないと、彼と先には進めない



だから、彼には伝えることは伝えておいて、わたしは独身に戻ることをやっていくのみ





あー! 早く独身になりたいな 笑

久しぶり!の感覚

舞です



昨日、その気になる彼とお茶をした

平日の夕方

私服で来た彼は、仕事を休んで来たという



先にカフェに着いたわたしは席が空いてなく、仕方なく隣同士並ぶ席に座っていた


着いて横並びで話すものの、

「なんか、、隣同士で目線が違うって、、
斬新ですよね、、笑
どこ見て話していいかわからない 笑」


と、落ち着かなかった彼は空いたばかりのテーブル席を見つけて移動した


正面でバッチリ目を合わせて話す彼に、意外さを感じて、わたしは照れた


最初は緊張が伝わってきたけど、5分後には普通になった


肉体改造している彼に食生活のことを聞いてみたら、食事見せるの恥ずかしいなぁ…!
と言いながらも普段食べている食事の写真を見せてくれた

話始めてものの3分で 笑

見せてなんて言ってないのに 笑
よく見せられるなと思った




想像以上によく話してくれる人だった

メッセージよりも会話が向いている人だと思ったのは当たっていた


彼はここ最近で一番驚いたことが、わたしがメッセージ苦手ですか?と聞かれたことだったらしい

彼なりにメッセージは得意だと思っていたらしく、それが苦手だと伝わっていたこと、話す方が向いていると言われたことに




「メッセージでは真面目で丁寧なのは伝わります
が、頑張ってるかんじがして、よし、返信しよう!と意気込みを感じるので、、笑」




「あー 笑
確かにそれはあるかもしれませんね
でもこれでも昔よりフランクになった方ですよ
以前は絵文字すら使ったことなかったですから」






わたしは密かに、彼の生年月日から素質をみていた

·素直
·ピュア
·優しい、思いやりがある
·柔軟
·好奇心旺盛
·楽しいことが好き
·繊細
·感覚が鋭い、優れている(ため人と馴染めないところもありそう)
·直感的。人の様子が感覚で瞬時にわかってしまう
·目に見えないものを信じられる

ざっくりこんなかんじ。


話していて彼から出てきたワードが

·素直、いい人、ピュアとよく言われる
·変な人に騙されやすいと言われるが、自分は気づかない
·楽しいことが好き
·新しいことが好き
·好奇心旺盛
·ウジウジ、びびりだ
·理系で、論理的に考える
·感覚の人が最近周りに多くて、目に見えないエネルギーを信じられるようになった
今までの目に見えたものだけじゃないものがあると納得し始めた


などなど


感覚の人が理系で論理的、頭を使うのは意外だった



あなたは感覚の人ですよ
わたしも感覚の人間だし、周りに感覚の人ばかりに囲まれて、居心地がいいと感じてるなら

あなたも感覚の人ですよ
と伝えたら、ちょっと戸惑いながらも納得していた



普段医学の研究して頭を使っているけど、興味でてきてるのはエネルギーとか量子力学とかそっちだと。


やっぱりね~ 笑






彼にはヨリを戻したい元カノがいて、来月プロポーズしたいと言っていた
まだヨリ戻ってもない段階でプロポーズ?!笑




だけど、周りにはその元カノはやめた方がいいと言われているけど、ケジメと白黒はっきりつけたいから、結果はどうであれやってみると言っていた




お互い転機ですね
わたしは離婚するために動きます

と言ったらびっくりしていた



最初はそんな元カノの話をしていて、それから趣味の話
旅行の話
色々。


たくさん話してくれた

二時間のつもりが、四時間話していた

途切れることもなく、お互いにぶっ通しで
最後の方に彼がぽろっと言った




「結婚願望ないんですよね」




笑笑




プロポーズはなんでするんだよ 笑





振られる為に、ヨリ戻そうよりもすっ飛ばしてプロポーズすることに意味がありそうだと思った



そう。
振られるために

ケジメつけるために

絶ちきるために

自分が納得するために


もし、ダメだったとしても必ずもっといい出会いがあるから安心してください♡と言っておいた





不思議で、ドキドキもなく舞い上がるわけでもなく、落ち着いた感じだった


幼なじみの再会のような、小学生の卒業式以来だね!久しぶり!みたいな感じで




帰ったあと、彼からすぐにありがとうと連絡がきた

すごくフランクさが伝わってきたから、その感じたことをそのまま伝えた



“たしかに、びっくりするくらい喋れました 笑笑”


“だよね! わたし途中で家のリビングでくつろいでるくらいの感覚で話してたよ”


“笑
お互いにくつろぎ合ってたってことですね 笑”



彼もめっちゃ、くつろいで話していたのがわかったし

かっこつけることもなく、いいところ見せるようとするわけでもなく

素のままだった







自宅に帰り、一人で寝ていたら夜中目が覚めて横を見たら彼がいた…!


はっ!とびっくりして目をこらすと、夫がなぜか隣で寝ていた 笑


横顔がその彼だった
びっくりした


それが二回あって、二回ともびっくりしてまた起きてしまった、、笑




なんの現象だよ、、

研ぎ澄まされていく

舞です



日に日に、感覚が研ぎ澄まされていく




わたしが気になる彼に、

ずっと会いたかったよ、、泣
と号泣しているシーンを見た




そしてそれを感じて、わたしは実際泣いている



彼のこと何も知らないのに

でも魂では全て知ってて

不思議と身体が先に反応し、泣いてしまう





わたしがそれに、ふと気がついたのはつい4日前。
たった、4日前だけど、、





この4日間でわたしは日に日に目覚めている


そしてもう、二人で会える、、


お互い忙しいのに1発で予定が合った
スピード早すぎでしょ
タイミング合いすぎでしょ





魂がわかっていて、現実もすごいスピードで動くけど


だけど頭がついていかない



だってまだ挨拶しかしたことないのに!とか

恋愛にまで至ってないのに!

タイプでもないのに!


と、頭が認めないしびびっている







魂ではわかっているよ


もう、彼だということが

やっと再会できたことが嬉しくて、嬉しくて、わたしは泣いてしまうかもしれない

全てはわたしの感覚を信じるだけ。

舞です



今から約6年ほど前


わたしはスピリチュアルな人間なんだと自覚した



全て感覚でわかってしまう、感覚だけで生きている

直感力に優れ、同時にいろんなものをキャッチする

感受性が豊か、洞察力も鋭くて

人のエネルギーにも敏感だ






それを自覚したときに、とても悩んだことを覚えている

身近な人からの嫉妬、妬みまで感じとってしまうし、
街を歩けば、目に入るもの全てにその背景を感じとってしまうから

めっちゃ疲れる






だから、必要なときだけセンサースイッチを入れ、必要ないときはオフにしないと、自分がもたない



その術を身につけて、ここ数年過ごしていた



それに、スピリチュアルってうさんくさく聞こえるしあまり好きな言葉じゃないから、わたしはスピリチュアルという言葉を使わないし、そういう人間だということを人にはあまり言ったことがない






このブログ読んでいたら、わかる人にはわかるよね 笑


Cくんとテレパシーしたり、エネルギーで会話してるの書いてたしね 笑




最近は、その能力をもっと信じようと切り替わった

結局、それが答えなんだもん





感覚だけで生きてる人のよくある特徴として、
答えはわかるけど、過程や理由を説明できない


全てすっ飛ばして、答えが先にわかってしまう

「結局は、これなんだよね!」とわたしが言うと、

え、なんでそうなるの?理由は?と問われると体感と感覚で納得してるから言語化できないんだよねぇ 笑








そんなわたし、最近センサースイッチを入れているから、めっちゃ冴えてる

そりゃそーだ
スイッチ入れてるんだもん 笑




ここからが本題。


その最近気になる人のことで感じることがある

彼のこと、なにも知らない
恋愛感情すら湧かない段階の、いま




なのに、とても出逢えたことが嬉しいと感じている


やったー!会えた!!
とわたしの魂がめっちゃ、喜んでいる



すごいよね、この感覚

ご挨拶しかしたことないのに、出逢えたことでもう、安心しているの


男女の関係になるとか、この先わからないけど


とにかく、嬉しい

そして、怖い

なぜなら、彼は30歳だからだ


前の記事に書いたんだけど、わたし、

Cくんが19歳だからと、もし彼が30歳だったら違ったと。

f:id:redheels:20191019194011j:plain

で、その彼は30歳。
ドンピシャじゃん。怖…笑
変にリアルで怖いわ











メッセージのやりとりしてて、

“あなたのこと、色々知りたいのでおしえてください!”
とわたしが言った
もう、最初から全開 笑




“なんでも聞いちゃってください!笑”
と返ってきた



でもメッセージだと、彼はとてもよそよそしくて壁がある


これではなにもわからない


“色々聞きたいんですが、メッセージのやりとりだと何日もかかってしまうので、一度カフェでだだだーっと話したいです”


“いいですよ~!”

と、日程を送ってくれた


ということで、仕事の打ち合わせというテイでお茶してきます 笑





彼も同じくらい、繊細で
ほんとうは、感覚の人だ


本人自覚してないかもしれないけど



話してどんな感覚になるのか、楽しみ

夫との学び

舞です





ここ数日で夫とのことに納得できた



夫とは、学ぶことが終わっていたことに気付いた


わたしが夫から学ぶことは、もう完結していた

帰ってきてからというもの、夫と話し合ったりすることがどうしてもできないことに悩んだけど、それは違った


話し合うことが何かの解決にならないことがわかっていた

だってもうわたしの中で完結してるんだから
そこに気付いた



夫には今年の夏、自分の本音を伝えた
それだけでわたしは満足で、よかったみたいで




あとは自分ととことん向き合ったから、夫からの学びで出た答えは、

どんな人と一緒にいたいか。
そこが明確になった。
それは夫ではないということ


わたしがどう在りたいか。
ここも明確になった。
それも夫の前では出てこないわたしだった




心と心が繋がるひと。

わたしはそもそも夫に心を繋げてない、心を開いてなかった。10年間。

夫に心を開くことを許さなかったというのが本当だ



なぜ心が開けないの?!と自分を責めたこともあったけど、開けないんじゃなくて開かなかったんだなって。

だから、開かなかったことを許した



そうしたら、全てに納得できた

わたしが心を開いて、夫に全力で向き合ったとき、

夫が潰れるのがわかっていたから


その器がないということ
だから、敢えてエネルギーを小さくする必要があった


それが、話し合わない、直接話さない、本音を話さないことだった


それが円満に、円滑に進むから

それが夫とうまくやっていく方法だったし、夫もそれを望んでいるから



わたしは上っ面に感じるけど、夫にはそれは上っ面に感じない

わたしが合わせてあげていることも気づかず、それで満足している




でも最近、わたしのエネルギーがもう大きくなりすぎて、夫に隠せなくなってきた



そのエネルギーに圧倒された夫は我慢をし始める


我慢をするとストレスになる
それがわたしにはよくわかる


そのストレスって、日常の大した事ないちっちゃいことなんだけどね 笑


心と心が繋がってないのは、夫も体感していると思う

だからこそ物理的に近くにわたしを置いておかないと不安で、

物理的に離れたら、もう帰ってこないし、遮断されるのも本能的にわかっているから、


無理やりでも家に帰らせようと必死だった


今、帰ってきてるわたしを見て、安心しているようだけど 笑


なぜ、安心できるの?と思う

心は離れているのに






そう。だから学びは終わったから、そう伝えようと思ってます。

気になるひと

舞です



昨日の記事に書いた新しい誰かがすぐ近くにいるという感覚











実は、


ひとり、いる






既に、いる









友達の知り合い

友達を介して、彼からわたしに仕事の依頼が入った

そのときは、ありがたいなというかんじで特に気にもならず



それからたまたまあるイベントに行ったときに、たまたま彼もそこに来ていて初めてご挨拶した



ご挨拶だけ

そのときも何も気にならず

今から10日ほど前のことだった





台風が過ぎたあと

Cくんの存在が薄くなったとき、急にわたしの世界に彼の存在が浮上してきた




そして、昨日
やはり彼が光って見える
なぜか気になる





恋愛感情もゼロ
そのひとのこと何も知らない


惹かれる段階でもまだないのに…




なのに、存在が気になる
人として気になる

なんなの、、不思議








彼から発せられるエネルギーは、

すごく、素直でピュア

それだけは感じる




謙虚で真面目で律儀。

内面は、素直でピュアで

愛が大きい、ひと







とにかく、存在が気になるので

彼の仲介役の友達に気になるということを話した


一応、彼は独身なのか既婚者なのか



「独身だよ」と。


「なんかさぁ、気になるの」


「へー!いいね♡
彼だったかー
今度、仕事の打ち合わせってことで会ってみる?」


「うーん
とりあえず個人的にやりとりしてからにする」




以前、彼から直接メッセージがきていたから、メッセージのやりとりをちょこっとした



まだまだお互い他人行儀だし、知らないことばかりだけど、気になるのでやりとりしてみようと思う



彼の本質に触れてみたい…。












Cくんとお別れしてから、約10日後に仕事の依頼がきて彼が現れた


今は、Cくんのこと、思い出せなくなってきている
彼の顔や、声や、あの時間を思い出せなくなってきているの


あの、台風くるまでは鮮明だったのに…



強制的に引き裂かれて、わたしとCくんのエネルギーレベルが合わなくて、彼の交信も受信できなくなって、存在が薄れてきたときに、



ものすごい濃い、光を放った人が


目の前に現れた








さぁ、これからどうなる

わたし

次のステージへ

舞です




10/13は日本に大きな台風が来た

その破壊力は半端なく感じた人もいたでしょう

台風は左回り

蛇口やネジを左に捻ると、緩むのと同じで、台風もそのような意味があるのだとか


意識の緩み、拡大、手放し。がキーワードだったみたい


台風過ぎてから、なにかが変わっていた


前までは彼のことを思い出してニヤニヤしてエネルギー高めて幸せだったのだけど

台風後、そのイメージが彼じゃなく別の誰かに置き換わっていた


思い出そうとしても、彼の存在が薄くなった

そして彼からのテレパシーをキャッチできなくなった

彼からのエネルギー交信が、どこかで遮断されていてわたしにまで届かない状態



心が繋がるエネルギーパイプみたいなものが台風の破壊力で引き裂かれた、引き離された、千切れたみたいな感覚で

しかも、無理矢理






だからいよいよわたしとCくんは引き離され、わたしは別の誰かと出逢うのだろうと思った



誰なんだろう

まだわからないけど、もうすぐそこにいるような感覚がある









わたしはやっぱり、色々な経験をしたい

男女の経験をしたい

心と身体が繋がる経験をしたい

わたしは、今までの中で一番、今の自分が好きだ

そんなわたしが、また恋愛をしたらどんなパートナーシップが築けるだろうか


どれだけ、相手も自分を見せてくれるだろうか

どんな関係性が築けるだろうか

それをまた体験したいと思う



それは、夫ではないとうことがはっきりしている


夫とやり直したい、夫と向き合いたい

そんな気持ちが全くないことに気づいた

ごめん、わたしは夫に興味がない


だから距離を保ちたい、一緒にいたいと思わない


離婚したいから、タイミング見計う

そのためにはわたしも独り暮らしして経済的に自立できるようにと、本気で思っている







次、出会う人
どんな人だろう
楽しみ